日々の記録

SNS は無限に時間を溶かすのでやらないことにした

パートナー企業の振る舞いが…

ただの愚痴だけれど…

 

エンドユーザーが使い方や一般的なIT知識に関する質問をしてくるのは当然だし全然構わないのだけど、パートナー企業がエンドユーザーと同じレベル感で問い合わせしてくるの何なんだろうなぁ。

パートナー企業がエンドユーザーのアカウント使って問い合わせしてきているのもこちら側では分かっているし、担当者の名前もこちらで把握しているので、メーカー/ベンダー内ではその担当者とパートナー企業のレピュテーションだだ下がりで良いことは何も無い。ましてやキャリア的にも将来的にメーカーへ…と考えているなら敬遠されかねないのだけれども。

 

レピュテーションが下がると何がよくないかと言うと、サポートメンバーがその企業を警戒して問い合わせの担当者が付きにくくなる。企業なので最低限SLAは守るけど対応がSLAベースになり率先して対応する担当者がいなくなるし、回答内容も最低限になりがち。本来即時解決したであろう問い合わせがたらい回しにされたりもする。何も良いことはない。

「サポートへの問い合わせは新人の教育も兼ねてやってる」ってので、敢えて未熟なパートナー担当者に問い合わせをさせているパターンもあるのだろうけど、個人的にはそれはパートナー企業の社内でやるべきであってエンドユーザーやメーカー/ベンダーのリソースを使ってやるものじゃないと思う。なぜならメーカー/ベンダーとのパートナー契約においてパートナー企業として認定されるレベル感のスキルセットを持っている事が前提でパートナー認定されているはずで、パートナーのビジネスをしている担当者がその前提を満たしていないのであれば契約違反だったりもする。また、エンドユーザーはパートナー企業を「その製品のプロ」として見ているわけであって、プロがエンドユーザーと同じレベルじゃ話にならないとずっと思ってる。

 

あとは知識はエンドユーザーと変わらないのに変にプロ意識を出してコーナーケースに関する質問を何度も繰り返す担当者も敬遠されがちで「それはもともとの問合せと関係のある質問ですか?それが分からないと具体的にどれくらいビジネスに影響しますか?」という事をすっ飛ばした質問をしてくる担当者も厄介。さらにエンドユーザーのアカウントを使ってまるでエンドユーザーかのように振舞うパートナー企業/担当者もしょっちゅう居て最悪だったりする。企業間の建前上お客様扱いはするけれども、メーカー/ベンダー側では社内会議などで勿論議題にあげられてそのパートナー企業の今後のパートナーとしての扱いをどうするか(最悪パートナー契約を解除する)などが話し合われているが、問合せている担当者はそういう大事になっているのが全然分かっていなさそうなところがまた何とも…

 

企業間としてお互い様なところもあるので、これまでの信頼関係に基づいてある程度目をつむるのだけれど、最近は酷いレベル感のパートナー担当者が多くこれまでの信頼関係をぶち壊されていて気が滅入りがちである😇

無能な働き者

はとても厄介。さらに本人が信念を持っていたり、やる気に満ちていると手に負えない。

やることなす事全速力で全部間違っているし、勘違いしたまま物事を進めようとしてくる。さらにはその間違った内容で他者を巻き込んでくるので現場は混乱の渦に巻き込まれる。

しかしながら本人は「俺は優秀で周りがついてきていないだけ」と思っているのか知らないが、周りからの質問や指摘に対して「俺こそが正しい、分からないのは馬鹿だからだ」と思っているのか何を言っても聞かないし、皆に理解できるように説明しようともしない。

こやつが自社の社員なら拳で黙らせるか(というのは冗談だけど)、役割を変えるとか、まぁ、融通は効くのでまだマシなのだけれど、パートナー企業だとたちが悪い。我々からは他社の社内人事には口出しできないし、「あなた馬◯ですか?」と口が避けても言えない。

いつもアホな事や企業間の取り決めを無視して素行が悪いので、いっその事出禁にしてしまうしかない気がする。

困った困った😇

「ビジネスとしての重要性」を把握したうえで即レスを要求していますか?

生産性における即レスの大切さ

に書いてあることは「質問する側」だけの観点でしか無いので「それはそうだね」となるのだけれど、「質問を返す側」についてはどう考えているんだろうね。

記事の中にも出てきたけれど「正確に返さなければならない」ような質問の場合それを調べる必要があって、かつ「調べた結果が本当に正しいか」を検証したりする時間も必要になったりする。さらにその質問に受け答えする担当者は当然他にも仕事を抱えていて、質問に答える作業をするためには本来やるべき作業をストップさせる必要が出てくる。また、質問について調べ物している時に別の質問が来たらどうするか?

サラリーマンの多くの場合、複数の仕事を同時並行でしているわけで、即レスすれば生産性が上がることは分かっていてもそう出来ない事情があるわけで、そこをどう捌いていくかだと思う。

なのであくまで僕の場合だけど僕は会社として優先度が高いと定義されているプロジェクトや、その質問に即レスしないことによるビシネスインパクト次第で、他の作業の手を止めても即レスすべきか、を判断している。

逆に言うと「自身の質問が会社に対してどれだけのインパクトを持っているか」を説明できない質問者については「じゃ、暇な時に回答しておきますね」程度だったりする。

 

「貴方の質問に答えるために会社の〇〇という仕事を止めてしまい△△のビジネスす影響が出ますが、あなたの質問は〇〇の仕事を止めてまで優先度を上げて対応する必要ありますか」と言う事。

 

単純な「1個の質問単位」で見るなら、「即レス」は生産性が上がるけれど、会社全体で考えたうえで話さないと、あまり意味がないよなぁ、とこの手の話を見ていて毎度思う。(まさか意地悪でレスを遅くしようとかしないと思うので)

 

--------追記--------

即レスできる時はどういう時か、について記載してなかったので書く。

  • 既に知っている知識に関する質問
  • 他者の意思決定を必要としない質問
  • レスによって相手の意思決定に影響を与えない質問

ここら辺じゃなかろうか。

個人的にはこれまで優秀な人ほど忙しいはずなのにレスが早いという経験を何度もしてきました。そのためレスの早さについて忙しさや時間の無さはあまり理由にならないと感じています。

とあったけれど、これは優秀であれば「知っている知識」か多く調べずともレスが出来る、責任のある立場であれば他者の意思に関係なく自身で意思決定がを完結する事が出来るといった事じゃなかろうか。

手を動かさないエンジニア

稀に手を動かさないエンジニアに遭遇する。

仕事のやり方にはスピードと品質などのバランスがあるので、手を動かすことが正義ではない。ドキュメントや過去事例があって、それを見れば期待する動作が分かりきっているものなどたくさんある。

だけれど、技術的なバックグランドが不足している場合、そのドキュメントを読んでも動作や結果について理解できない事はよくあると思う。ではそれをどうやって補うの?というと、人に聞くというのもあるとは思う。知識が不足していて何から手を付けて良いか分からないので、学習するための助走となるアドバイスやヒントを貰うというのは良いと思う。

だけれど、不足している知識の疑問点を1〜10の答えまで人に聞こうとエンジニア(?)がいて、それだけで物事を判断しようとしているフシが見られる。

これは非常にまずいと思っていて、そもそも知識が不足している中で、人に対して正しい質問ができているかどうか判断ができない。相手は十分にその知識を持っていたとしても、質問者が間違った質問をすれば、その間違った質問に対してしか答えを得られない。さらに、類似の事象に遭遇した際に応用が効かない。根底や派生する技術知識が不足しているから。

 

彼らは何度も「似たような質問」を繰り返す。前回の質問から学んでいないというか、知識として定着しておらず、ただの文字情報としてのみ記憶しているので、全くじキーワードが存在しないと「類似事象」として気が付けない。なので一つ設定を変えた時にどのような結果になるか理解できない。

 

僕らテクサポはお客様からお金を頂いているので、そういった同じような簡単なご質問に対して快くお答えするし、なんならボーナス問い合わせみたいな感じではあるのだけれど、問い合わせてきている方はスキルが身につかない環境で楽しいのかな、と思ったり。

実際に動かしてみることで注意ポイントや、それに関連する基礎となる知識が身についたりするわけで、そうすることで次回以降の作業が効率されるので、読んだり聞いてみてわからなければ、手を動かすしかないと思うのです、まる。

ワーカホリック

以前勤めていた会社にはワーカホリックな人がたくさんいた。みんなとても優秀だし人柄も良いし、職場の雰囲気はとても良く、優秀な人と一緒に働くことができるというのは最大の福利厚生だと思う。ただ、ワーカホリックだった。22:00とか普通に仕事をしている。土日もトラブルがあれば反応して仕事を始めちゃうような人たちだった。真面目すぎるというか、常に50メートル走の全力ダッシュをしているような職場だったので、僕にはその働き方がどうも馴染めなかった。 「何をやっても良いです。コラボレーションしてビジネスを促進していきましょう」と実務以外にもプロジェクトワークが評価対象となっていたのだけれど、そもそも毎日の実務で100%以上の業務時間を使っていて、どこにそんな時間があるの?というのもあるし、そういったプロジェクトワークのための時間を確保するための会社としてのプランは、実務の業務量が増えるスピードに対して全く追いついていなかった(少しずつ改善はされてはいたけれどもともとがひどい状況だったので、改善したとしても僕のキャリアの中では最低な部類に入っていた)。

どのように生きるのかは人それぞれあると思うのだけれど、僕はそのような働き方だと楽しいと思っていた仕事もあまり楽しく感じなくなってしまったので、やはり仕事は楽しいと思えるくらいの余力は残しておきたい。

Google Play Console の Developer Account 申請が承認された

ので、何か簡単なアプリでも作って公開してみようかな。

アプリは米国の輸出法規制の対象になるのと、収益や税金あたりの話はちゃんとドキュメント読んでいかないと後で面倒くさい事になりそう。

 

アプリの内容についても現職と競合しないものにしないといけないな(と言っても難しいものを作るほどのスキルは現状ないんだけれども)。

 

趣味としてアプリ作るのも良いかも知れない。さて、何を作ろうかな。

某エンタープライズ向け SNS ツールが使い難い、とっても

IT業界では2大社内SNSツールがあると思うのだけれど、片方はあまり人気がないけれど、もう一方はエンジニアから絶大な人気がある。

このね、人気のある方が僕にとってはとても使い難い。

チャンネル内にテーマごとのスレッドを作成するような運用をしているのだけれど、スレッド内に絞った検索が出来ない。そもそも検索があまりイケてない。ポストのリンクをクリックして飛んだ先に対象のポストが表示されない。ディスプレイのサイズなどを考慮して表示されていないのか、画面上にリンクされたポストが表示されないのだ。

何よりもストレスなのが、スレッドを読んでる最中に通知を受信すると画面が別の場所に飛んでしまう。業務上、SNSのポストは数秒おきに飛んでくるので、読んでいる最中にスレッドの画面がピョンピョンして仕事にならない。

もう愚痴を言い始めたらきりが無いのだけれども、コレは Mac で使っている特有の事情なのかしら?というのも人気があるってことはそれなりに使いやすいのだろうし。多くのユーザーはWindowsでこのWindows上ではあまり問題は発生しない?

もしくはスレッド単位での運用が良くないのかな?

 

MacでこのSNSを使う場合のベストプラクティスみたいなものないかなぁ。

GT7 のカーカスタマイズが楽しい

特に車好きとかレースが好きというわけではないけれど、のんびり景色の綺麗な道をゆっくり走って癒やされたくてグランツーリスモ7を以前買っていた。

なので走りそのものは得意ではなく相も変わらず下手くそで、パワーのある車だとすぐにコースアウトしてしまう。せっかくそこそこの高いポイントを払ってパワーのある車を購入してもすぐにコースアウトしてしまうし、集中力が持たないので上手にコースを走れるようになる前に飽きが来てしまうという状況だったのだけれど、公開されているデカールをダウンロードして自分の車に貼れるということを知って、ペタリペタリと車に貼っているうちに不思議と自分の車に愛着がわいてきた。

うん、デカール貼った車で走るの楽しい。

ワンチャンスはなんの略?

「ワンチャン」はなんの略?正式名称は聞いたことがないかも【略語クイズ】

 

を読んだが、情報が不足している。正しくは以下だろう。

ワンチャン=ワンチャンス

  • ワンチャン(若者言葉): 可能性は低いがもしかしたらイケるかも
  • ワンチャン(麻雀用語): 数牌が3枚見えていて、その数牌を跨いたリャンメン待ちの可能性が低い事
  • ワンチャン(一般用語): 犬の事
  • ワンチャイ(名倉): ナパ・チャット・ワンチャイ。名倉潤の事

まんがで読破 資本論、続・資本論

資本論 (まんがで読破) を読んだ。

こういった文系の人が読んでいて当たり前系の書籍の知識がまったくないので、漫画でサクッと概要をつかめるのは非常に嬉しい。

僕らサラリーマンは労働力から生み出される利益の考え方、サプライチェーンで供給される製品のペインポイント、銀行の利益の出し方など、なんとなく分かっていた気がしていたものを改めて「うんうん、そうだよね」と確認することができた。

キャリアの半分以上を米国資本の会社で過ごしてきたけれど、毎年上乗せれる部門目標に、ストレッチしきった個人目標、未達が続いたら解雇など、まさに「資本論」のとおりに労働者として転がされているなと思った(だからといって別に会社を辞める気はないけれど)。

資本論と異なるのは、今は労働者がそれなりに力も持っているので、この漫画のように労働者をないがしろにしていてはストライキや裁判で企業として成り立たず、それなりに労働者の待遇は確保されているところだろうか。

とはいえ、「共産党宣言」(これもまんがで読破シリーズで読んだ。あとで感想を書く)のような共産主義による社会は、多くの感情で動く人間には早すぎるので、僕らが生きている間はとことん資本主義による社会が続いていくんだろうな。